長生き

MENU

長生き動物の象徴と特徴|犬の種類や日本人高齢者の食事まで解説

長生きを象徴する動物、種類を教えて?

長生きする動物は、小動物よりも大きなもので、中でも長生きを象徴する動物は「亀」です。
「鶴は千年、亀は万年」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。
実際に、手軽に飼育できる種類のミドリガメやクサガメ、ミシシッピアカミミガメはある程度大きくなれば、20年〜30年位生きると言われています。
長寿の象徴として挙げられる亀ですが、特に、寿命が長い種類は「リクガメ」です。
リクガメは上手に飼育すれば、50年以上生きると言われています。
それにしても、なぜ亀は長生きするのでしょうか?
原因としては、冬眠はもちろん夏でもじっとしていて、あまり動かないでいることが考えられます。
また、種類を問わず、ゆっくりとした動きで代謝が少ないためにエネルギーの消費量が他の動物よりも少なくすむので長生きすると考えられています。
しかし、亀は気候に左右されることなく代謝をコントロールすることができます。
冷たい水の中や寒い場所では、呼吸や心拍数を穏やかにして体力を温存して過ごすことができます。
このような行為も長生きの原因として考えられています。
このことから、「鶴は千年、亀は万年」という言葉が生まれて、亀が長寿の象徴として一番に挙げられるのでしょう。

 

 

長生きする犬の種類、特徴を教えて?

長生きの傾向が強いのは小型犬で、種類が豊富なだけではなく、それぞれに優れた特徴を持っているので、人気の犬種が揃っています。
また、大型犬に比べて運動量も少なくて済みますから、都市部などの狭いといわれている住宅事情にもマッチすることが多く、飼いやすいとされています。
小型の種類の次には中型、中型の種類の次には大型と続きますが、平均寿命の開きはおよそ1〜2歳前後となっており、小型と大型の開きは、2〜3年近く違っています。
長生きしやすい犬種が持つ特徴としては、個体差はありますが、一般的には命に直接かかわるような先天的な持病を持つ種類が少ないことが挙げられるでしょう。
その特徴を備えている長生きの犬種の代表は、マルチーズ、ミニチュアダックスフント、ヨークシャーテリア、パピヨン、チワワ、柴、トイプードル、ポメラニアン、ジャックラッセルテリア、シーズーなどです。
これらの種類は、およそ15歳前後の寿命を持っていて、長生きの特徴を備えているうえに、さまざまな事情から飼いやすいとされており、ペットとしての人気も高いのです。
それぞれが持っている疾患の特徴に気をつけながら飼育をすることで、長生きしていつまでも飼い主を癒してくれることでしょう。

 

 

日本人高齢者の食事は何?

長生きしている日本人の高齢者の食事は、抗酸化作用の強い食事を摂っています。例えば梅干しです。これは体内の酵素を綺麗にしてくれる作用を持っています。
抗酸化作用のとても強い食品であると言えます。また、ヨーグルトなども、寿命を伸ばすのにとても効果があります。
ヨーグルトも抗酸化作用が強く、体内のコレステロールなどを悪玉から善玉に変えてくれる働きを持っています。
また、サプリメントなどで、栄養のバランスを整えるのも大事なことです。
例えば、プロスキーヤーの三浦健太郎氏は、ゴマに含まれているセサミンという物質のサプリメントを愛用しています。
三浦氏は80歳を超えて、エベレストの登頂に成功するなど、日本の高齢者の見本ともいえる存在です。
三浦氏はセサミン以外にも長生きするために必要なのは、好きなものを食べることだと言っています。
日本人は年をとると、肉を食べることが減るのですが、三浦氏はステーキなどの牛肉を食べることを推奨しています。
高齢者が長生きするために必要なのが、バランスの良い食事です。例えば、サラダや海藻などを食べるのがとても良いでしょう。
何事にも偏った食事を摂ることは、日本人が長生きするうえで障害になります。好き嫌いをせずになんでも食べるということが長生きをする秘訣でしょう。

 

 

コレステロールが高いと健康診断ででてしまったというあなたに、コレステロールが高い原因からコレステロールが高い人のための食事のとり方や中性脂肪との関係を解説しています。

 

コレステロールを高くする原因の一つは食べ過ぎです。
人は食べたものをエネルギーに変えることで消費しますが、食べ過ぎてしまうと消費しきれず脂肪に変わり、その脂肪が血中に残るとコレステロールが高い値を示してしまうのです。

 

もっと詳しく知りたいあなたには、以下のサイトがお勧めです。

 

参考サイト:コレステロールが高い原因